BLOG

福津市/寝違いでお悩みの方に/女性専用整体

2020/06/09

寝違いは、寝ている間に悪くしているので、枕に原因があることが多いです。

 

寝違いだけでなく、朝から肩こり、朝から首が痛いは、どれも、寝ている間に悪くしているので、

枕を見直しが大切。

 

では、どんな枕がいいか?

首は前に緩やかにカーブしているのが正しい姿勢です。

なので、枕は首を支えるしっかりした枕に。

 

最近、首のとこが高くなっている安い枕を見かけることがありますが、

安い枕は硬さが柔すぎるものがほどんど。

 

寝返りで形が変わるような硬さは、首をしっかり支えれていません。

 

患者さんの中には、

 

▽ずっと同じ枕を使っているけど、ここ数カ月、頻繁に痛める→今までも決していい状態でなかったけど、若さでなんとか保っていた。だんだんと首の筋肉が落ちて、悪くしている。枕はあっていない

▽どの枕に寝てもフィットしないから、枕なしで寝ている首がゆがんでいるから、どの枕にも合わない。正しい形の枕に寝て、首を歯の矯正のように、いい位置に矯正することが大切

▽枕屋さんでフィッティングして購入したのに、すぐに合わなくなる→ゆがんだ首でフィッティングしても意味がない。首に合う枕ではなく、正しい枕に首を合わせることが、健康には大切

高い枕じゃないと寝れない→背中から歪んでいる。猫背なので、寝たときに頭が浮くため、高くないと寝れないけど、それはいい状態ではない。猫背を治さないと。

 

などなど、枕の選び方が間違うことで、頭痛、肩こり、首こり、寝違いを起こしている方がとても多いです。

 

うららでは、正しい姿勢に基づいた枕を取り扱っていますので、

正しい枕の体感をしてもらい、枕の大切さをお伝えしています。